« オーストラリアinケアンズ | トップページ | オーストラリアinキュランダごはん »

オーストラリアinキュランダ

2010.10.22bus

2日目は熱帯雨林全てが世界遺産のキュランダへdash

Kこの列車は物資を運び

この地方の人たちの

生活を支えていたそうです

開通させるまでに

大変苦労があったそうです

今では観光のためだけに

運行していますtrain

キュランダ駅で下車し、レインフォレステーションへsign03

水陸両用のアーミーダックK_5 という乗り物で熱帯雨林を散策eyeglass

面白い植物では『チョット待っての木』

(服に引っかかる)

恐ろしい植物は刺さると半年は苦しむという

熱帯雨林で一番恐ろしいトゲをもつ植物もありましたcoldsweats01

K_7世界最速で飛ぶといわれる

蝶『ユリシアス』(見ることが出来れば幸せになれる・

肩に止まると金運UP)を幸運にも見られましたっgood

羽の下は黒いのですが一瞬キラッと青く光るのですshine

店主は「黒い所しか見えなかった」とガッカリしてましたthink

K_4

そんな店主を救ったのはノンビリ屋のコアラ

抱っこして写真も撮りましたcameraK_8

ワラビーに

餌をあげたりして大満足full

K_11 こちらの木は

絞め殺しのイチジクの木

(カーテンフィグツリー)という

恐ろしい木です(@Д@;

大木に種を植え付け、

根を絡ませ絞めながら根を伸ばし

大木の養分を吸いながら

成長してゆき、

大木はキツく絞められる

ことによって死んでしまい

イチジクの木のみが生き残るのですhappy02

『こわいですね~』

ちなみに『天空の城ラピュタ』のモデルになった木です:;;;:+*+

K_13 夜には

工房長が楽しみにしていた一つの

土ボタル観賞です(南半球でしか観られません)

日本のホタルとは違い、青白く光り点滅はしません

キノコバエ科のヒカリキノコバエの幼虫が餌を取る

為に光っているそうです

神秘的で感動しましたconfident

土ボタルの写真は、光を当てると弱ってしまうのであくまでもイメージです

|

« オーストラリアinケアンズ | トップページ | オーストラリアinキュランダごはん »

x工房長の小部屋x」カテゴリの記事

コメント

羨ましい〜
次回はオイラも連れてってhappy01
tetsuさん
是非次回のAアーの研修旅行にしまひょう!

投稿: tetsu | 2010年11月 1日 (月) 15時03分

ラピュタかsign03
飛んだかsign02
あっ、飛行石が無いからダメか・・
クワトロ様
是非、飛行石を作って下さい!

投稿: arigarden | 2010年10月31日 (日) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1067986/37471095

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアinキュランダ:

« オーストラリアinケアンズ | トップページ | オーストラリアinキュランダごはん »